伸学会が毎日、何時間でも通えるのに定額制にこだわる理由

それは

  1. 生徒全員の内申点と成績を向上させる
  2. 入塾時の志望校より、ワンランク上の高校・大学へ合格に導く

を教育理念としているからです。

ポイントは生徒全員。それには通常の塾のシステムでは駄目なんです。

それでは具体的に説明します。

必要な勉強量は人によって違うのだけど・・・

それなのに塾や予備校で「何をどれだけ学ぼうと定額」という費用設定は珍しいと思います。

教材費・テスト対策費用・入試直前特訓・勉強合宿など様々な名目で追加の費用が発生するのは、塾や予備校の常識と言っていいかもしれません。

また、受講科目や通塾日数に応じて費用が変動するのは、もはや常識を通り越して「考えるまでもない当然のこと」でしょう。​

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

塾の役割は生徒の成績を上げ、志望校に合格させることです。そして、成績を上げるためには、それに必要なだけの勉強をしなければなりません。​

  • 週に3日の勉強が必要なら、3日をやり切る
  • 苦手科目で毎日勉強する必要があるなら毎日やる

それを通して初めて成績は上がります。

しかし現実はどうでしょう?

世間を見渡せば、週に1、2回の授業でお茶を濁している塾ばかりです。その原因はなんでしょう?

生徒のやる気?

いえいえ。違います。費用です。

週4回、週5回の通塾にかかる費用が高すぎるから、仕方なく週1回、週2回で妥協しているのではないでしょうか?

通常の塾や予備校で起こるような問題は伸学会は起こりません。

私たちはこのシステムに疑問を感じました。

なぜそれでは成績が上がらないとわかっているのに、このシステムを変えないのか。

一番の被害者は生徒です。だから伸学会は定額制へと生まれ変わったのです。

全ての子供が平等に勉強できる環境を提供し、成績アップに繋げ希望の高校・大学合格に導く。それこそが塾・保護者・生徒の全員が幸せになるサービスだと確信して、旧来の塾・予備校のシステムに風穴を開けていきます。